外構工事をお考えのお客様

お気軽に
お問い合わせください
お気軽にお問い合わせください

外構について

外構工事は、敷地内の建物以外の部分の工事を意味します。

大きく分けて家の建設前の先行工事(一期工事・造成工事)と建設後の外構工事(二期工事)の二回に分けて行われます。

 

外構工事(二期工事)は、快適に暮らせるよう外空間を設計します。主に駐車場、門塀門扉・門柱などのアプローチ、塀・フェンス、お庭・植栽などの工事が一般的です。

カーポートやウッドデッキなどのエクステリア工事も含みます。

門・塀回り空間

 

門には、入り口に設けられる正門や、通用門と呼ばれる裏門や庭に設けられる

庭門などがあります。

門は単なる出入り口としての機能だけでなく、街並みや建物との調和なども

十分考慮した上での設計が求められます。

 

また、その家に住む人の個性を表すものでもあるため、意匠も重要です。

 

塀にも門と同じく、街並みや建物との調和が求められますが、塀は建物の

周囲にめぐらすものであるため、防犯やプライバシーの保護としての役割を

第一に考えなければなりません。

 

塀の種類は板塀や石塀、ブロック積塀、煉瓦など多岐にわたり、建物に調

和した塀選びをする必要があります。

駐車空間

その道を極める

 

駐車空間は、車の重要性が高い現代社会において非常に重要な空間です。

都市部では住宅敷地内での駐車空間の確保が、面積的に大きな問題となっています。

また、地方でも公共交通機関の縮小や廃止などの影響で、車の需要が非常に高まっています。

 

いずれにしろ、車の台数や大きさに合わせた駐車空間の確保が必要なのです。

 駐車空間は、基本的に道路に接して作られるため、街並みの景観に大きな影響を与えます。

 

また、車の出し入れを行う際に危険を伴う空間でもあるので、安全性や使いやすさが求められます。

 

 

アプローチ空間

 

アプローチとは、道路から建物玄関までの園路空間のことを指します。

この空間は住む人が毎日利用する空間なので、使いやすいだけでなく安全

であることも求められます。

 

また、天候や季節に関わらず利用する空間であることも考慮に入れ、

季節を感じられるなど、気持ちの良い空間づくりの工夫が必要です。

 

アプローチ空間の床面の舗装材には、すべり難く対候性や耐摩耗性があ

ることなどが求められます。

屋外

 

屋外設置は外構工事で見落としがちなポイントでもあります。アウトドア好きな方やタイヤなどの

車用品が多い方、お子さんの外遊びの道具がたくさんある方など、家の中には入れたくない荷物が

たくさんある方は、屋外に設置が出来る物置をあらかじめ設置しておくことをお勧めします。

 

物置は、大型物置・多目的物置・断熱材付物置・シャッター物置・電動開閉ガレージなど、

種類も豊富です。

 

住み始めてからの設置はなかなか大変な物置。外構工事と一緒に設置してしまうことをお勧めし

ます。また、最近ではオシャレな物置も続々と登場してきていますのでオススメです!

完成までの流れ

お問い合わせ

外構工事のご要望内容(工事内容)やご相談内容など下記のフォームよりお問い合わせをお願い致します。

 誠に恐縮ですが、お打ち合わせ場所については事務所、ご自宅、建設地などご希望があればいずれかをご指定ください。

 

※ご契約いただいたお客様より工期の確定、その他打合せの予約が優先となります。ご理解の程、お願い申し上げます。

メモ: * は入力必須項目です